BBC PROMS 2010:Last Night ルネ・フレミング

d0106012_541096.jpg

こんにちは。
お元気ですか。
日本は暑さが少しずつやわらいできたのでしょうか。


きのうは、コーラスに久しぶりにボイストレーナーが来て下さり、
発声をしながら、自分の声を確かめる事が出来ました。
聴く耳を持った人に、客観的に聴いてもらい、
ダイレクトにその声がどういう状態であるかを
言ってもらうという過程は、とても大事な事だと思っています。


*****
ところで、11日の土曜日、
イギリス夏の風物詩であるプロムスが終わりました。
今年の夏が終わったんだな〜と実感させられるものです。



d0106012_5471041.jpg

Renée Fleming


なんといっても今年の目玉は、ルネ・フレミング!
第一部に、オーケストラとのR.シュトラウスの歌曲を5曲。
いい意味で、歌い尽くしている感があり、
安心して聴けます。

第二部は、チェコの作曲家のオペラを取り上げ、
まずスメタナのオペラ「ダリボル」のアリアと
ドボルジャーク「ルサルカ」のアリア。




さっそくYou Tubeに取り上げてるのを見つけたので。
紫色のドレスも素敵でした。
彼女はこうしたドラマティックに歌い上げるのが得意ですね。

BBCの方は、今日から聴けるようになってるページがありました。
コチラ


ラストにむかって、先日リバプールのサッカーの応援歌でも聴いた
ミュージカル「回転木馬」の"You'll never walk alone"や
エルガーの威風堂々を観客とともに大合唱やら、
イギリス国歌(エルガー編曲)で最高潮。
なかなか帰れない雰囲気をトーンダウンさせるかのように
蛍の光をこれまた舞台上に残ったコーラスと観客とで大合唱。
こうして、7月16日から始まった今年のプロムスが終了しました。


この盛り上がり方は、もう知ってるはずなのに
なぜだか興奮し、これがまた毎夏続いていくんだ…と思うと
日本人として、うらやましくもあり…。
クラシックが市民権を確実に得ているような感覚が。

今年は、キリ・テ・カナワとカレーラスも最後のPROMをHyde Parkで出ていました。
バーンスタインのTonightを歌っていました!!
ゴールデン・ゴンビ♪
デウム・キリの"O mio babbino"のページは
コチラ


ダウンロードもできるBBC iplayerのページはコチラ


一週間で見られなくなるページもあるようなので、お早い目に…
[PR]
by mino_lovely | 2010-09-14 22:00 | BBC PROMS 2010
<< 朝から法王のニュース イギリスでシソ、育てる。 >>